ページTOPへ
パラマウント・ピクチャーズ

第1話「消えたネックレス」 THE NECKLACE

消えたネックレス

ある億万長者が、殺人罪で起訴された息子の弁護をブルと彼が率いるTACのチームに依頼。彼らはデータと陪審員の心理を分析し、勝訴のための戦略を練り始める。
ゲスト出演:ディーナ・タイラー

第2話「8Dの女」 THE WOMAN IN 8D

8Dの女

女性パイロットが墜落事故の過失を疑われ訴えられた。ブルは陪審員の無意識なジェンダー差別が彼女に不利に働いていることに気づく。裁判が白熱する中、TACの社内弁護士べニーは久しぶりに法廷に立つことになる。
ゲスト出演:トリエスト・ケリー・デュン

第3話「情報操作のワナ」 UNAMBIGUOUS

情報操作のワナ

レイプ被害者が、加害者の殺害容疑で逮捕された。人気ジャーナリストが陪審員に植えつけた偏見にブルが苦戦する一方、弁護を担当するべニーは検察官時代の元恋人と戦うことになる。
ゲスト出演:ティファニー・ヴィラリン 、サラ・スティール

第4話「地獄の町」 CALLISTO

地獄の町

新薬を開発し特許権侵害で訴えられた若き女性科学者を守るため、ブルは過去において唯一の苦い敗北を味わったテキサス州の町へ戻る。
ゲスト出演:ジル・フリント

第5話「偽りの自白」 JUST TELL THE TRUTH

偽りの自白

娘を殺された富豪はTACを雇い、娘の婚約者だった貧しい調理師を起訴しようとする。被告人の自白を疑うブルは富豪一家の依頼を断り、弁護側のサポートにつく。

第6話「神の弱点」 BEDSIDE MANNER

神の弱点

不妊治療の手術中に緊急の子宮摘出術が行われたことから、ブルは傲慢かつ自信家の外科医に落ち度はなかったと陪審員に証明しなければならない。
ゲスト出演:ディーナ・タイラー

第7話「見逃したサイン」 NEVER SAW THE SIGN

見逃したサイン

ある男が交通事故で妻を死なせ、その責任を問われて起訴された。強引に自動車運転での過失致死を適用しようとする検察の様子から、ブルは検察と野心的な政治家の陰謀がつながっていることに気づく。

第8話「完璧という罪」 TOO PERFECT

完璧という罪

ブルの元妻イザベラが、自身が販売する製品を顧客が買って死亡した事件で訴えられた。ブルはこの案件を、ベニーと彼の姉イザベラとの間に残る問題を解決するためのチャンスと捉えて、弁護を引き受ける。
ゲスト出演:ヤラ・マルティネス

第9話「#大炎上」 LIGHT MY FIRE

#大炎上

自身も偏見に苦しめられた経験から、ブルは幼い頃育った町へ戻り、放火殺人容疑で起訴された若い青年の弁護をする。

第10話「E.J.」 E.J.

E.J.

自動運転車を開発した企業の社員が、自動運転車の暴走により死亡する。ブルは女性CEOの弁護を引き受けるが、彼女が裁判を左右する秘密の公表を拒否したことから窮地に立たされる。

第11話「先生は年下がお好き」 TEACHER’S PET

先生は年下がお好き

教師と17歳の生徒との不適切な関係が発覚。ブルは生徒の両親に協力し、教師と法廷で争う。
ゲスト出演:ディーナ・タイラー

第12話「ストックホルム症候群」 STOCKHOLM SYNDROME

ストックホルム症候群

TACの模擬法廷で爆発が起き、ブルたちと模擬裁判の陪審員が人質にされる。犯人はダニーのせいで夫が逮捕されたと主張する一人の女だった。

第13話「盛者必衰の理」 THE FALL

盛者必衰の理

eスポーツのプロゲーマーが重要な試合でヘマをして敗北する。ブルと彼のチームは「わざと負けた」として不当に解雇されたそのプロゲーマーを助けようとする。

第14話「黒い軍事機密」 IT’S CLASSIFIED

黒い軍事機密

内部告発した軍士官の弁護をブルが決めたことから、べニーは軍事機密を知ることに。一方TACではマリッサとケイブルがハッキングを防ぐため、オフィスのインターネットを切断する。
ゲスト出演:ホリー・カラン

第15話「命の値段」 WHAT’S YOUR NUMBER?

命の値段

不動産開発業者が過失致死で起訴され、ブルは検事局からの協力依頼を引き受ける。しかし反社会性人格の被告人はブルのライバル弁護士を雇った。
ゲスト出演:トビー・レナード・ムーア、ジル・フリント

第16話「空飛ぶミステリー」 FREE FALL

空飛ぶミステリー

知事とスカイダイビング会社の経営者がスカイダイビング中の事故で死亡。ブルは何度も組んできた弁護士と戦う一方で、細工されたパラシュートの裏に隠された秘密を暴く。
ゲスト出演:フランク・ホエーリー、ディーナ・タイラー

第17話「マネーゲーム」 NAME GAME

マネーゲーム

大手銀行の電話勧誘による投資詐欺でほぼ全財産を失った女性教師と出会ったブル。彼は、同じく騙された数千人の被害者のために、社運を懸けて大規模な集団訴訟に踏み切る。

第18話「ドレス・トゥ・キル」 DRESSED TO KILL

ドレス・トゥ・キル

チャンクの元上司で伝説的なデザイナーがランウェイで殺害されるというファッション界を揺るがす事件が発生。ブルは容疑者の弁護を引き受けるが、彼とチャンクは事件をめぐって対立する。
ゲスト出演:ポーリーナ・ポリスコワ、J・アレキサンダー、サイモン・ドゥーナン、ジェシカ・ペレス

第19話「正義の男」 BRING IT ON

正義の男

婚約者であるチアリーダーを殺された有名弁護士が起訴された。ブルは自分自身を弁護する彼に協力することを決める。
ゲスト出演:イザイア・ワシントン

第20話「暗示にかけられて」 MAKE ME

暗示にかけられて

父親を殺した青年が、カルト教団で洗脳されていたとブルは確信する。それを立証するためチャンクは教団に潜入する。
ゲスト出演:ブレンダン・ドゥーリング

第21話「被告人べニー」 HOW TO DODGE A BULLET

被告人べニー

べニーが検察官時代の不法行為疑惑で起訴された。これを受け、ブルは著名な弁護士と取引をし、彼女に弁護を依頼する。
ゲスト出演:エリザ・ドゥシュク

第22話「その秘密、危機にあり」 DIRTY LITTLE SECRETS

その秘密、危機にあり

べニーの弁護と引き換えにブルはJP・ナネリーの仕事を手伝うことになる。内容は、FBIのテロ捜査に協力を拒むクラウドサービス会社の弁護のサポートだ。
ゲスト出演:エリザ・ドゥシュク

第23話「裏切りのマイアミ」 BENEVOLENT DECEPTION

裏切りのマイアミ

JP・ナネリーの依頼で暴力的なカルテルが絡む麻薬密売事件の裁判を手伝うことになったブル。ギャングに身元がバレないように陪審員も匿名なことから、ブルは声だけで陪審員を選別することを余儀なくされる。
ゲスト出演:エリザ・ドゥシュク